笑顔は人をひきつけて動かす最強の武器になる

MENU

無理なお願いはアンパンマン笑顔で受けて立つ

 

初めてであった人にはもちろんですが、相手には好印象を与えることが重要です。
出会い系サイトというのは出会うまでを楽しむのではなく、その先に進むことが大事なポイントとなります。
これから出会う未来のパートナーのために、相手へ好印象を与える方法をお伝えしておきます。

 

多くの人は、相手からの依頼を言葉で断る前に、無意識のうちに「顔」で否定しています。
助けを求められていると分かっていながら、気づかないふりや、見てみぬふりをするのも同じことです。

 

たとえば自分がとても忙しいときに、相手があなたに助けを求めてきました。
あなたはどういう顔を瞬時にしているか知っていますか?
眉間にシワを寄せて「どうしよ。そんなことを頼まれても困るんだけど…。」という表情を相手に見せていませんか?
言葉に出していないから、本人は断っていないつもりでも、その顔では相手に伝わってしまいますよね。

 

そうではなく、答えが「YES、NO」関係なく一度、精一杯の「笑顔」で受け止めてください。
あなたが、たまたま忙しかったり、その問題の処理が難しかったり、事情はいろいろあるでしょうし、日常の業務もとても大変なのは分かります。

 

ですが、だからと言って、嫌だなという信号を先に表情で相手に送ってしまうのは、もったいないです。
なぜなら、言葉に出して正直に断るよりも、相手には「感じが悪い」と思われてしまうからです。

 

では、どうすればいいのか。
そういうときは、究極な笑顔で頬をグッと上に盛り上げて楽しそうに相手の希望を受け止めるのです。
表情筋をパッと広げ、ハリを感じる肌ツヤのよい、品のよさを出すのです。

 

そうするとどうなるかというと、そういう人の顔にはオーラを感じるので、逆に相手もそれ以上、無理難題を言わなくなります。

 

あなたがもし、究極の笑顔の顔で、
「ぜひ、喜んでやらせていただきます」
「ご依頼いただいて、とても嬉しいです」
「少々お時間をいただきますが、お待ち願えますか」
と丁寧に言われたらいかがでしょうか。

 

「はい、いくらでも待たせていただきます。」と言ってしまいたくなりませんか。
相手の依頼をすぐに断らずに、究極の笑顔で受け止め、相手に丁寧な、品のよい顔でお願いし返すのです。

 

どんなに忙しくても眉間にシワを寄せた「感じの悪い」顔は、誰にも見せてはいけません。
これがあなたの周囲にステキな仲間が集まってくる秘訣です。
どうしても無理なお願いをされたとき、無責任に引き受けるのはいかがなものかと考える人もいると思います。
そうした場合でも、とにかく一旦、笑顔で受け止めます。自分一人で期待に応えられないようなことを頼まれた場合にも、日頃からあなたの笑顔にファンがついていれば、何とかなるものなのです。

 

本当に肝心なのは日頃のあなたの表情です。「いい顔したいな」「気に入られたいな」と思う恋人の前や、営業先の人の前での表情ではなく、日頃あなたがいる職場・家庭・近所・学校で、一緒にいる人たちに対して「いい顔グセ」で接することが大切なのです。

 

なぜなら、その人たちがあなたを本当の笑顔の持ち主にしてくれるからです。